ジムニーパーツ トピックス

トピックスTOP アルティメットLSD その1
その2
7ポイントロールバー インジェクタクリーニング レーシングクラッチキット
ゼロライン
レーシングサスペンション
プレッシャーリング   スケルトン
タイミングベルトカバー
 
テーパーリーフSP サクションパイプ
FOX
レーシングダンパー
スーパーインタークーラー ロックロブスター    

zeroline ジムニー

NEWサスペンションキット ZEROLINE

開発目的

スズキジムニーJB23Wもエンジン・CPU・駆動系と大幅な変更を行いました。
これはクロスカントリーも日常使用も出来るという素晴らしい変更だと私たちは考えます。
これにより今までのサスペンションキットを見直し、さらに最上グレードサスペンションサスキットを追加販売することにいたしました。
この新しいサスキットには「ZERO LINE」と名付けました。
これはこのサスペンションキットが今後ジムニーの基準線になることを願ってのネーミングです。
また、新たなスタートラインに立つという意味でもあります。

このサスペンションを開発するにあたっては「操ることの楽しさを追求!!」をテーマに車好きが「なるほど!」と唸る玄人好みのドライブフィーリングを目標としました。

まず、最初に決定したのはタイヤでした。
ジムニー用としていろいろな種類が発売される中で横浜ゴムのジオランダー185/85R16MT+を選択しました。
次は車高です。
クロスカントリーカーとしてのルックスも大切なファクターのひとつと考えます。
しかし、無理やりリフトアップするのはリスクが多すぎ約55ミリメートル位が最適と判断しました。
次はストロークです。
サスストロークに関しては、ノーマルがバランスのとれた良い感じであることがほとんど知られておりません。
車高が高くなると、どの位置でストロークさせるかがキーポイントになると考えました。
次は減衰性能です。
Fox製レーシングダンパーを完全リセッティングすることにより、理想の減衰特性をセットアップでき、今までにはない次元の高い性能が得られました。
次はアライメントです。
車高が上がればアライメントも狂います。光学式アライメントテスターで数十回測定し、50mmアップに適切なアライメントにしました。
以上のようなセッティングを施し「タイヤ変形」「ショックの伸び縮み」「ロール変化のスピード」「直進安定性・操舵感」などを身体で感じ「操ることの楽しさ!!」を実現しました。
このサスペンション「ZERO LINE」の完成により、新たなジムニーが生まれ新たなスタートが出来たと思います。

                                                                   IMPS代表 関根紳雄

■開発テスト車両諸元

高次元サスペンション ZEROLINE R1仕様
  R1仕様
   レーシングダンパー(エマルジョンタイプ)IMPS減衰仕様
   コイルスプリング
   コントロールアーム(フロント)純正ブッシュ入り
   ラテラルロッド(ピロータイプ)F/R
   リヤラテラルロッド補正ブラケット
   リヤダンパー専用ブラケット
   リヤブレーキソース

アライメント
   キャンバー 0度3分 ※車高約55mmUP
   キャスター 3度50分
   トー    0.6mm

トラクションデバイス
   アルティメットRLSD タイプ2(55°仕様)

タイヤ・ホイール
   ジオランダー185/85R16MT+ トライアル5.5J16+20

エンジン
   IMPSスポーツマフラー
   BRDエアサクションチャンバー


ジムニーJB23WZEROLINE




ZEROLINE R1仕様
レーシングダンパー(エマルジョンタイプ)IMPSオリジナル仕様 ¥159,600-
コイルスプリング ¥37,800-
コントロールアーム フロント(ブッシュ付) ¥44,100-
ピロータイプ ラテラルロッド フロント ¥22,050-
ピロータイプ ラテラルロッド リヤ ¥23,100-
リヤラテラルロッド補正ブラケット ¥6,090-
リヤブレーキホース ¥2,100-
リヤダンパー専用ブラケット ¥4,200-
合計 ¥299,040-


  • サスペンションとは?
  • ショックアブソーバーとは?
サスペンションとは和訳すると「懸架装置」という意味でタイヤの上下運動や操舵に伴う姿勢を定めかつ荷重を分散して路面からの衝撃・振動を弾力的に吸収して車体と積荷を安定的に懸架し乗員を安全快適に保護する装置であると辞書に記されております。

サスペンションの構成要素はスプリング・サスアーム・リンク・スタビライザー・ショックアブソーバーなどです。

その中でスプリング・ショックアブソーバーは主たる構成パーツです。
スプリングは衝撃エネルギーを一時的に吸収してスプリングを伸縮運動させる。
その伸縮運動に抵抗を与え減衰するのがショックアブソーバーです。
ショックアブソーバーを米国英語で和訳すれば衝撃吸収装置となりますが英国英語のダンパーで和訳すると減衰器の表現のほうが適切ではないかと思います。

減衰器=ショックアブソーバーとIMPSでは考えます。

ショックアブソーバーの伸縮運動に伴って内部のオイルがショックピストンのオリフィス通過する際にオイルの粘性により粘性摩擦が生じ運動エネルギーが熱エネルギーに変換されエネルギーが小さくなっていきます。これが減衰力です。
衝撃エネルギーはショックアブソーバーを動かすことで熱に変換しエネルギーを吸収する訳です。
大切なのはショックアブソーバーが動かなければエネルギーを吸収できないと言う事です。

ZEROLINE N1仕様 (車高約55mmUP)
スポーツショック(F/R401) ¥50,400-
コイルスプリング ¥37,800-
コントロールアーム フロント(ブッシュ付) ¥44,100-
ピロータイプ ラテラルロッド フロント ¥22,050-
ピロータイプ ラテラルロッド リヤ ¥23,100-
リヤラテラルロッド補正ブラケット ¥6,090-
リヤブレーキホース ¥2,100-
合計 ¥185,640-


ZEROLINE S1仕様 (車高約65mmUP)
¥181,440-

お問い合わせ先
有限会社 インプスオート
TEL 042-370-3460
FAX 042-378-2520
Eメール imps@imps.co.jp