ジムニーパーツ トピックス

トピックスTOP アルティメットLSD その1
その2
7ポイントロールバー インジェクタクリーニング レーシングクラッチキット
ゼロライン
レーシングサスペンション
プレッシャーリング   スケルトン
タイミングベルトカバー
 
テーパーリーフSP サクションパイプ
FOX
レーシングダンパー
スーパーインタークーラー ロックロブスター    

JA系用トランスファーギヤキット

ローギヤードの世界にようこそ!ロックロブスター

タイヤをワンサイズ大きめにするのがクロカンの定番チューニングです。が
その時点でハイギアードになってしまっているのです。
タイヤの外径もギア比に影響するからです。
しかしJA11の場合もともと一速のギア比が低いのでそれほど苦にはなりません。
ジムニーJA11のギア比は非常にバランスよく設定されています。
特に2H(通常走行)・4H(雪道などの高速四駆走行)は660CCエンジンにベストマッチングです。
でもオフロードに入ってしまえばやはりギア比(LOWレンジ)は高いです。
クロカンをすると、もう少しトルクがあったら・・・・と思うのは誰でも同じでしょう!

 ギア比を低くする方法は、いくつかありますがそれぞれデメリットがあります。
例えばファイナルギア(デフギア)を変更すると全体的に低くなり通常走行(2H)が非常につらくなり、高速道路などでは燃費にも悪影響します。
又トランスファー(副変速機)をSJ30等に変更するとLOWレンジはいい感じになるのですがやはりHIレンジもダウンしてしまい、これも高速走行に悪影響します。

ロックロブスター
そこで考えました。
ローレンジだけ低くする事が出来ないものかと?
ハイレンジ・2輪駆動時はノーマルと同じで通常快適走行!
そして4駆のローレンジだけをさらに低く!
この考えを煮詰めて生まれてきたのが、ロックロブスターなのです。
コスト面を考え、ノーマルのLOWレンジ2.511からナント4.168にすることが出来ました。


     LOWレンジのみ約66%ダウン!!

ロックロブスタークロスカントリーにおいてLOWの一速は半クラッチをほとんど使用することなく素晴らしいトラクションが得られ、さらにクラッチの寿命が格段に長くなりました。

そのうえシビアなアクセルコントロールが可能となったので、段差の乗り上げ性能も向上します。

ギア比が下がるので大きめのタイヤを履くことも可能です。それに付随して最低地上高が高くなりデフがヒットする事が少なくなり、走破性が増します。
実質2サイズも大きい6.50サイズのタイヤでもクローリングが可能です。

取付は簡単

取り付けはローギアとカウンターギアを交換するだけです。
その他のパーツは純正を使用します。
HIレンジはノーマルと同じなので高速道路も快適に走行可能です。
スピードギアもノーマルを使用のため狂いはありません。
さらにローギアーの歯面を鏡面加工してギア鳴りを極力小さくしています。

ロックロブスター
オフロードまで速く行って、ロックロブスターで遅く走る!

街乗りからクロスカントリーまで幅広く的確に答える

ロックロブスターです。



価格:¥71,400-

※キットの中には分解・組み付けの説明書が同封されています。
 ギアのみなのでその他消耗品は純正部品をご使用下さい。


参考ギア比 レンジ 減速比
JA71/11/12Cノーマル HIレンジ 1.580
LOWレンジ 2.511
ロックロブスター HIレンジ 1.580
LOWレンジ 4.168
■只今、クイックサービス実施中です。
トランスファーの脱着は出来るが、ロックロブスターの組み付けまでは工具もないし出来ない!と言う方IMPSがお手伝いします。
トランスファーをIMPSまで送ってください。
すぐさまトランスファーに組み込み、送り返します。
あとは車に取り付けるだけ! 
簡単取り付け! 
詳しくはスタッフまで!


お問い合わせ先
有限会社 インプスオート
TEL 042-370-3460
FAX 042-378-2520
Eメール imps@imps.co.jp
ご注文フォーム